吉野ケ里遺跡

 佐賀県神埼郡の旧神埼(かんざき)町・旧三田川(みたがわ)町・旧東脊振(ひがしせふり)村の3つの町村にまたがった我が国最大の遺跡で、弥生時代における「クニ」の中心的な集落の全貌や、弥生時代700年間の移り変わりを知ることができます。

 吉野ヶ里遺跡は、脊振山地南麓から平野部へ伸びた帯状の段丘に位置しています。

 太古の時代から我が国の建築技術のすごさもわかります。

a0250369_17193086.jpg

[PR]

by mustache-0428 | 2016-02-27 17:20 |