第33回札幌国際スキーマラソン大会

 今大会参加のことを書く前に、先ず、クロスカントリースキーとは?

 (ウィキペディア原文のまま引用による。)
 雪上に設営されたコースでスキーとスキーポールを用い、多様な地形での総合的走力を競う競技スキーであり、ノルディックスキーに分類される。スキー本来の用途である雪上での生活移動手段から自然発生的に競技となったものであり、全スキー競技の原点といえる種目である。
 国際スキー連盟(Fédération Internationale de Ski=FIS)が統括管理する以前から多地域で独自に行われており、その名称は英語の"Cross-Country"(または"Distance")、ドイツ語の"Langrauf"、フランス語の"Ski de Fond"など言語によって異なる意味の名詞が用いられている。全日本スキー連盟では「クロスカントリー」で統一しているが、過去には「距離」と称していた。また、一般的にクロスカントリーとは陸上競技の一種目を指し、それと明確に区別する目的でスキーで行うクロスカントリーの意味からスキー・クロスカントリーと呼ばれる事もあり、この場合自転車競技のサイクル・クロスカントリー(シクロクロス)、モーターサイクルスポーツのモーターサイクル・クロスカントリー(モトクロス)と並立する呼称となる。
 オリンピック実施競技である。世界選手権はノルディックスキーとしてオリンピックを挟んだ隔年に、年間シリーズ戦(FISクロスカントリー・ワールドカップ)は毎年実施されている。また大衆クロスカントリーの年間シリーズ戦(ワールドロペット/FISマラソン・カップ)も毎年実施されている。

 さて、今日のためにと早寝してそろそろ眠りに入ろうとしたタイミングで、スマホの緊急メッセージが鳴り、「十勝で震度5強」
 その直後に長い揺れがあって、居間に降りてテレビを点けると道内の広い範囲で大きな地震で、職場から「とりあえず当直で対応するので登庁の必要なし」と緊急用メールを受信。
 一昨年の東日本大震災が脳裏をよぎり、いつでも出られるよう準備と点検をし、仮眠態勢のまま朝を迎えました。
 6時40分に同僚が迎えに来てくれ、車にスキー一式を乗せて、札幌ドームへ向かいました。

 ドームの駐車場に着いて荷物を降ろしていると、先週、偶然お会いした函館のsakagさんとまたまた偶然の再会!(^^)!
 ご挨拶して、少しお話しして別れました。

荷物置き場の確保をしにドームへ
a0250369_23505174.jpg

ここで受付を済ませてゼッケン、トルソータグ(自動計測される小型のチップ)、大会用パンフレットを貰います。
a0250369_23554542.jpg

階段は休憩所兼荷物置き場になります。50kmの選手がスタート地点へ向かうとガランとします。
a0250369_23535845.jpg


 50kmの部は、8時50分第1スタート、9時00分第2スタートのウェーヴスタート。
 自分たち25kmの部は、9時30分第1スタート、9時35分第2スタートで、申し込みの段階で先回のタイムを参考にゴール到着予想タイムを記入して申し込むと、大会約1週間前にゼッケン交付証が郵送されてきます。
 ゼッケンと大会パンフレットを見比べて自分の出走時刻がわかるという仕組みです。
 これにより、自分の出走時刻は9時35分ということがわかりました。
 スタート地点は、ドームから羊ヶ丘通りを越えて約700mの位置なので、アップを兼ねて向かいました。

スタート約10分前の様子(寒いので、黙って立っていられません(>_<))
a0250369_0154533.jpg


 カウントダウンが終わり、ピストルの音と共にいよいよスタートです。
 最初は緩やかな上りが続き、少しばらけると思いましたが、約7km地点までは連なっていました。

7km地点、下りの順番待ち。短いけど急な下りで、しかも下ってすぐカーブの場所。
ここで待つくらいなら…と、スキーを外して担いで降りる人も散見されます。
a0250369_0514175.jpg

10km地点、最初の給水(食)所
a0250369_0544435.jpg

 ポカリの温かいのを飲んで、すぐ出発です。
 しばらく、アップダウンの連続でキツイです。
 

16km地点?、道庁赤レンガに似た建物で、毎回気になってますがそれが何だかわかりません(>_<)
a0250369_058716.jpg


18km地点?、緩く長い下りを左折すると間もなく右手遠くに札幌ドームの銀の屋根が見えてきます。
a0250369_122729.jpg


 今日は、「2時間を切る!」ことが目標だったのにゴールしてトルソータグを返納して、ゼッケンを入力してくれたら名前とタイムが印刷された記録証をいただいて見たら2時間13分20秒と、昨年より約7分も遅いゴールでとても残念な思いです(T_T)

 次は17日(日)、第25回恵庭クロスカントリースキー大会で30kmの部に出場するので、今回の悔しさをバネに頑張ろうと思います。

 天 候: 曇 り
 気 温: 不 明
 雪 温: 不 明
 雪 質: ザクザク(先日の雨の影響あり)
       下りはガリガリ(制動するのに殆どの人がプルークになるため)
 WAX: ベース(tokoオールインワン)
       LF7・8のMIX
       JET3
 滑 り: まあまあ 

 大会の詳細はこちら

 帰る準備も整ったところで、昼も回ったし、流した汗だけ塩分を補給しようと、清田区北野にある”らーめん小貫修三”に寄ってみました。
濃厚魚介豚骨醤油(スープはトロトロ感で見た目はあんかけみたいな感じで、見た目よりも味は薄く飲みやすいが、新たな食感)
a0250369_3205015.jpg

行者ニンニクぎょうざ(皮にまで練り込まれた行者ニンニク)
a0250369_3221040.jpg


 お店の詳細はこちら
[PR]

by mustache-0428 | 2013-02-04 06:00 | スポーツ

HBCラジオハウス食品歩くスキー大会

 当日エントリーでいいとのことで、敢えてエントリーせずに雪の朝を迎えました。

 家の除雪を終えて、会場のそばに住んでいる知人に天候を確認して、参加することにしました。

場所は、札幌市清田区にある白旗山競技場
a0250369_1991294.jpg


 会場が準備してくれた駐車場に9時半前に到着し、スキー一式を持って会場へ向かいましたが、到着した時刻が遅かったため、わりと遠い駐車場からセッセコ歩いて約10分ほど掛かりました。
 ですが、今日は気温が-1℃だったので会場到着時には体がホッカホカになりました。

中央右、青い屋根型テントが当日受付(ここで15kmの部に参加を申し込み)
a0250369_19132870.jpg

黙っていると寒いのでアップする選手も
a0250369_1915355.jpg

トラックの中央ではゲストの荻原次晴さんの簡単な講習会(をやってるはずの写真)
a0250369_19195337.jpg

スタート前(5kmの部が11時に出走後、11時07分に我々15kmの部が出走、10kmの部…忘れた)
a0250369_19251530.jpg


 いよいよスタートです。
 参加者は青いゲートを潜ってコースへと行きます。

 ここは、滝野公園よりも起伏が多いと思います。コース途中にある心臓破りの、延々と続く上り坂が一番の難所だと思います。クロカン(以下、XCという。)を始めた4シーズン前に、この白旗山競技場で宮様の大会に出場した際に初めてこの坂を上った時には途中でアキレス腱が攣ったことがあります。
 最近は、殆ど攣らなくなり、やっと板に乗れてきたと思ってます。

 コースは終始、フリースタイルの場合、2人が並んで精一杯のコースで、だいたいの競技場はこんな感じで、抜くタイミングを考えなければ、無駄に体力を消耗してしまいます。

 2月第4週に白滝から湧別に向かう85kmの大会はコースの横幅も広いし、とても走りやすいコースだと思います。それだけ、コース整備が大変だと思いますが(>_<)

 ちなみに、前日、XC仲間からメールがあり、「明日は雪温が高いみたいだからLF(ワックスの種類でローフッ素のワックスの略語)入れたほうがいいと思いますよ。」と言われていたにもかかわらず、眠気が勝ってベースワックスしか入れずに参加してしまい、だけど、上りも下りもベースワックスだけで充分滑ったと思います。緩やかな上りなら殆どストックを使わずにスケーティングだけで行けたので(^_^)v

 トラックに入り、またトラックを出て更に5km走り大汗を掻いてゴールしました。

 ゴール後、お土産と記念バッジをもらい、温かいシチューのサービスがあるので並びました。
a0250369_2052974.jpg


a0250369_2016140.jpg

 去年、オホーツクの風になれ!というタイトルでアップしたときに、自分のブログをたまたま見つけてくださった函館のsakagさんを偶然お見かけし、走り終わって寒いので少しだけお話しさせて頂きました。
 当然、出た話題は湧別85kmでお互いに出場するので、今年の湧別はとても楽しみです。

 「あとでメールを送らせて頂きます。」と別れて帰宅後に、寒い中、呼び止めてお話しさせて頂いたお礼のメールをしました。

本大会のお土産
a0250369_2015333.jpg


 今まで毎年この大会は仕事のために出れなかったので、お土産についてはとても楽しみにしていました。
 来年も、出ようと思います。

 今大会の詳しくはこちら
[PR]

by mustache-0428 | 2013-01-20 20:30 | スポーツ