第34回札幌国際スキーマラソン大会

 今年も50kmではなく、またまた25kmに出場してきました。

7時半頃、札幌ドームに到着。この時間帯は、まだ晴れていまた。
a0250369_1745892.jpg

階段に座っている選手の方々は受付を済ませ、それぞれの出走時刻に合わせて休憩しています。
a0250369_2018203.jpg

受付の様子
a0250369_20185311.jpg

国際大会だけあって、外国人の出場が多いのもこの大会の特色だと思います。
a0250369_20193830.jpg

ドームの外では売店や大会の実行委員会なんかも有りますが、寒い場所で皆さん頑張ってます。
a0250369_202039100.jpg

普段撮れない光景(羊ヶ丘通りを上から撮る)
a0250369_2021108.jpg

出走前のちょっと緊張する時間帯
a0250369_2022269.jpg

スタートラインの様子
a0250369_20225341.jpg


 09:35、予定通りの出走です。
 自分より後方に5人くらいの選手がいました。
 最初の坂を登り切るまでは前にたくさんの選手がほぼ2列縦隊で走るのでなかなか抜かせません。
 坂を登りきりやがて、少しずつばらけ始めました。

 (中略)

 道庁赤レンガに似たクラブハウスを横目に、そして林間コースの切れ目を左折するとやがて札幌ドームの銀屋根が見えてきます。
 去年はここで後方から50kmの女性選手が「どけて~!」と抜かしていったっけ。
 今年はそんなこともなくゴールまで残り2km、1kmと順調でしたが、なぜか南に差し掛かると冷たい南風が疲れている体に辛かったです。
 羊ヶ丘通りの橋を渡り、左折するといよいよ残り500mの直線で、ドームと駐車場の間にゴールが見え、無事にゴールし完走のメダルを首からかけてもらいました。

 ちょっとすると「佐藤さん!」とXC仲間のSAJIさんが声を掛けてくれました。
 今回はエントリーしてないので同じ職場のXC仲間のサポーターとして来ていたようでした。

 結果は2:21:19.5とWAXがやや渋かったと言うのは言い訳ですが、その他の要因としては練習不足と体力不足だけです。

 限られた時間しか無いですが、再来週の恵庭XC30km、最終週の湧別原野オホーツクXC85kmは今回の反省事項を改善できるように頑張ろうと思います。
 
[PR]

by mustache-0428 | 2014-02-03 20:56 | スポーツ